×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  コンテンツ一覧»  西陣織りネクタイの歴史と当社について

西陣織りネクタイの歴史と当社について

西陣織りネクタイの歴史

西陣織について。

 
日本一絹織物生産地
京都西陣織物は応仁天皇の御代、大陸から帰化した秦の融通王が織法を伝えたものに始まるといわれております。

その後、幾多の興亡盛衰を重ね、生産技術の発達によって精巧で優雅な「西陣織」が出来上がりました。また、「西陣」の名は今から約500年前、応仁の乱の時、山名宗全率いる西軍の陣地跡だから「西陣」と呼ばれるようになったのであります。

平安初期の機業は、ほとんど織部司の独占でありましたが、平安中期になって民間にその実権が移り「大舎人の綾」「大宮の絹」として発達しました。承久、応仁の乱で西陣の機業が衰退し、他地方の機業に蚕食されそうになりましたが、朝廷の保護により「紋織法」が案出され、衰退を取り戻し、発展の道を辿りました。

その後、江戸時代「天明の大火」「天保の飢饉」より、田舎絹が進出、西陣の特権も無視され衰退することとなります。

明治時代、西陣の機業家は奮起し、他地方の発展の視察や海外(フランス)派遣などを行い、技術や機械を導入し、ようやく発展に向かうこととなり、幾多の歴史上の困難を乗り越え、現在に至ります。

参考文献 日本ネクタイ史(日本ネクタイ組合連合会著)


 
「西陣織オリジナルネクタイ」について。

当社は初代、根角晃によって1940年に創業いたしました。創業時より京都古来の西陣織の技術と伝統に、新しい技術と感覚を加えながら、当社独自のモノ作りを追求してまいりました。


原糸の選別から始め、製織技術、生地の色調や柄、縫製技術等について研究を重ね、最高の品質を目指し製作しております。
 

常にオリジナリティーの追求に重点を置き、色調、光沢等にたゆまぬ研究重ね創造性を社是としております。

 

西陣織の繊細さ、光沢の良さ、を最大限にいかし、本当に締めやすく、日本人が最も使いやすいネクタイ作りが最大の特徴です。
 

このようなネクタイメーカーは日本国内で現在当社のみになっております。
 

二代目 根角昭光になってからは日本、海外を問わず多くのアーティストとのコラボレーションも積極的に行っております。

先代から続く素晴らしい技術を未来に繋いでいくために、締めてくださる皆さんが幸せになっていただくために日々努力をしております。


最近では根角勇輝を中心に、多くの方に本物の西陣織を様々なシーンで楽しんで頂けるようなアイテムの開発も進めております。

日本・京都ならではの温かみのある愛される商品をこれからも作り続けてまいります。


お客様の末長いご愛用をお願いいたします。

 
西陣織ネクタイ 西陣織ネクタイ 西陣織ネクタイ 西陣織ネクタイ